MENU

 

日経トレンディ2016年7月号で、セディナカードJiyu!da!がおトクにポイントが貯まるカードとして紹介されました!

 

日本経済新聞社系列の、日経BPが発刊する月刊誌『日経トレンディ』で、セディナカードJiyu!da!が紹介されていました。

 

 

『クレジットカードでお得にポイントを貯める』特集です。

 

 

セディナカードJiyu!da!は、セブンイレブン及びダイエー・イオンでショッピングをすると、

 

200円ごとに1ポイントのわくわくポイントが、3倍の200円で3ポイント付与される、ということが紹介されていました。

 

 

雑誌ではセディナカードJiyu!da!以外にOMCカードやセディナカードクラシックと言う種類のカードも紹介されていました。

 

しかし年会費のことを考えると、セディナカードJiyu!da!を選択するのが一番良いと思います。

 

 

セディナカードJiyu!da!は、リボ払い専用カードですが、全額コースというお支払いコースを選択することによって

 

金利手数料が全くかからず、一括払いと同じように利用できるお支払コースがあります。

 

参照:あと決めプラン

 

 

セディナカードJiyu!da!のより詳しいスペックは、こちらのページをご参照下さい。

 

 

セディナカードJiyu!da!のお申込は、モッピー公式サイトからどうぞ

 

セディナカードJiyu!da!を作るには、ポイントサイト『モッピー』経由がおススメ!


モッピーに新規登録(1分で完了)。


モッピーにログイン後、サイト内検索で『セディナカードJiyu!da!』と検索。


サイト経由でセディナカードJiyu!da!を発行するとポイントをプレゼント!


貯めたポイントはnanaco・WAON・Tポイント楽天ポイント・LINEポイントなどに交換できます。


モッピーの登録は、下記バナーをクリックしてモッピー公式サイトからどうぞ。

セディナカードJiyu!da!と一緒に作るべきサブカードは?

 

さてこのお得にポイントを貯めるクレジットカード特集ですが、セディナカードJiyu!da!とライバルカードの紹介もされています。

 

 

サブカードとして、セディナカードJiyu!da!と一緒に作っておくべきカードも紹介されています。

 

 

実はイオンはイオンカード、イトーヨーカドーセブンイレブンにはセブンカードプラスというのカードをそれぞれ独自に発行しています。

 

 

なんだ、それだったらそちらのカードを使えばいいじゃないか、 と考える方もいらっしゃると思います。

 

 

しかし少しお待ち下さい!

 

 

これらライバルカードの比較を行ってみたいと思います。

 

 

まずポイント還元率は、イオンカード(1%)よりもセディナカードJiyu!da!(1.5%)の方が勝っているのです。

 

 

またイトーヨーカドーで、 セブンカードプラス(1.5%)とセディナカードJiyu!da!(1.5%)の比較では、ポイント還元率は互角です。

 

 

ただし、イオンカードは電子マネーである、WAONで決済をする必要があります。

 

 

セディナカードJiyu!da!は普通にカード決済するだけで、OKです。

 

 

イオン・イトーヨーカドー、両方をお使いになるという方は、どちらでも還元率最大を誇る、

 

セディナカードJiyu!da!を必ず持っておくといいでしょう。

 

 

さらに、貯めたポイントをWAON、nanaco両方に還元出来るのですから、こんな便利なカードはありません。

 

参照:わくわくPをnanacoに交換

 

 

では、セディナカードJiyu!da!と一緒に作るサブカードは何が一番ふさわしいでしょうか?

 

 

まずセブンカードプラスは、年間5万以上ショッピングで使用しないと、

 

年会費が発生するので、サブカードには適しません。

 

 

イトーヨーカドーやセブンイレブンでよくお買い物をされる方は、クレジット機能の付いていないnanacoカードを作って、

 

割引の日だけ、セディナカードJiyu!da!でチャージして使えば良いでしょう。

 

 

セディナカードJiyu!da!でnanacoにチャージしても、わくわくポイントはしっかり還元されます。

 

 

nanacoカードは原則300円の発行手数料が必要になりますが、無料で発行する方法もあります。

 

 

nanacoは、通常発行手数料が300円かかりますが、毎月8の付く日(8日・18日・28日)にイトーヨーカドーで申込をすると、

 

発行手数料が無料になります。(発行当日に1000円以上チャージが必要)

 

参照:nanacoカード無料発行

 

 

次に、イオンカードはどうか?

 

 

イオンカードは、年会費が無料なので、サブカードとして持つのに、オススメのカードです。

 

 

イオンは、2016年6月にWAONポイントカードと言う、イオンなどWAON POINT加盟店200円お買い物をするごとに、

 

1WAON貯まるポイントカードを発行しました。

 

 

ダイエーをご利用になっていた方は、ハートポイントカードと同じものだと考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

 

 

イオンカードには、最初からWAONポイントカード機能が付いているので、

 

イオンで決済する時は、イオンカードをポイントカードとして使い、WAONを貯め、

 

お支払はセディナカードJiyu!da!で決済してわくわくポイントを貯める、

 

と言う形で使って頂けると、ポイントを理想的な形で貯めることが出来ます。

 

 

また、貯めたわくわくポイントは、ある方法でWAONへ移行することも可能です!

 

参照:わくわくPをWAONに交換

 

 

なので、当サイトでオススメする、サブカードはイオンカードをオススメします。

 

 

メインにセディナカードJiyu!da!、サブにイオンカードを作って賢くポイントを貯めましょう!

 

 

イオンカードのお申込は下記公式サイトからどうぞ。

 

 

セディナカードJiyu!da!のお申込はこちら

セディナカードJiyu!da!と一緒にサブカードを作ってイオンとイトーヨーカドーの割引デーもおトクにショッピング!

 

攻守共に最強のセディナカードJiyu!da!ですが、しかし残念ながらセディナカードJiyu!da!に 欠点があります。

 

 

それはイトーヨーカドー・イオンで行われる、割引セールの適用が受けられないことです。

 

 

しかし解決方法はあります。それは年会費がかからない形で、サブカードを作っておくことです。

 

イトーヨーカドーユーザーの方に最適なサブカード

 

イトーヨーカドーは、毎月8日・18日・28日は5%オフになる割引セールがあります

 

 

条件としては、まずセブンカードプラスでの決済があるのですが、セブンカードプラスは、

 

条件付で年会費が発生するので、作るのはあまりオススメ出来ません。

 

 

しかし割引を受ける方法はあります。

 

 

実は割引は、nanacoで決済しても適用になるのです!

 

 

セディナカードJiyu!da!でnanacoにクレジットチャージをして、そのnanacoで買い物をするのが最強のヨーカドー攻略法です。

 

 

さらに貯めたわくわくポイントは、nanacoへ交換が出来ます。

 

 

年会費完全無料で、ポイントも漏らさずゲット出来ます!

 

 

まとめると、イトーヨーカドーでお買い物する方は、

 

 

メイン:セディナカードJiyu!da! 
サブ:nanacoカード(クレジット機能無し) 

 

 

の組合せが最もお得です!

 

参照:nanaco発行手数料を無料にする方法

 

もくじへ戻る

 

イオンユーザーの方に最適なサブカード

 

ではイオンはどうでしょうか?イオンの場合は、

 

毎月20日・30日にイオンカードを提示または決済で5% offになります。

 

 

WAONカードは、発行する時に手数料が300円かかってしまいますので、

 

思い切ってイオンカードを発行してしまったた方が良いと思います。

 

 

イオンカードは発行手数料年間手数料ともに無料ですのでカードを維持するコストが一切かかりません。

 

 

イオンクレジットカードは提示するだけでも割引が適用されます。

 

 

なので、割引の日もいつもと同じように、イオンカードを提示してWAONポイントを貯めつつ5%割引を受け、

 

決済はセディナカードJiyu!da!で行って、わくわくポイントを還元率1.5%で受け取る、と言うやり方が最もお得になります。

 

 

イオンを良く使う方は、貯まったわくわくポイントをnanacoではなく、WAONに交換すると良いでしょう。

 

参照:わくわくPをWAONに交換

 

 

イオンでお買い物する方は、

 

 

メイン:セディナカードJiyu!da! 
サブ:イオンカード 

 

 

の組合せが最もお得です!

 

 

イオンカードのお申込は下記公式サイトからどうぞ。

 

 

セディナカードJiyu!da!のお申込はこちら

 

スーパーのマルエツを利用されている方は、Tポイント機能付きクレジットカードをサブカードにするとお得です。

 

参照:マルエツで5%オフ