nanaco、WAON、Tポイント、楽天、ポンタなどお得にポイントが貯まるクレジットカードをご紹介します。

MENU

クレジットカードがあればnanacoカードは不要?

 

当サイトでは、セディナカードJiyu!da!で貯めたわくわくポイントをnanacoに変えると、お得だと紹介しています

 

 

しかし、nanacoをはじめとした電子マネーと、クレジットカードでは支払いの手間暇に大した違いはありません。

 

 

だったらnanacoなんて使わず、いつもクレジットカードで支払えば良いのでは?と思わなくもありませんよね。

 

 

私もnanacoのことをきちんと調べるまでは、正直そう思っていました。

 

 

それではnanacoはどういう時にお得なのでしょうか?

 

 

何故このサイトではnanacoを推しているのか?

 

 

このページでは、クレジットカードを持っている方でも、敢えてnanaco決済をするメリットとは何か?をお伝えします。

 

 

セディナカードJiyu!da!カードの発行はこちら

 

イトーヨーカドーで毎月8の付く日はnanaco決済で5%オフ

 

イトーヨーカドーでお買物をする方は、毎月8日・18日・28日にnanacoで決済をすると、常時5%オフになります。

 

 

さらに、毎月8日・18日・28日にイトーヨーカドーでnanacoを新規発行すると、新規発行手数料300円が無料になります。

 

 

普段からイトーヨーカドーでお買い物をされる方はnanacoにセディナカードJiyu!da!でクレジットチャージをしてわくわくポイントをゲットしつつ、

 

そのnanacoで決済して5%オフ、と言うのが最もイトーヨーカドーをお得に攻略する方法です。

 

参照:セディナカードJiyu!da!

 

 

また、貯まったわくわくポイントはnanacoに交換出来るので無駄がありません。

 

参照:わくわくPをnanacoに交換

 

 

なので、セディナカードJiyu!da!と一緒に必ずnanacoカードも発行しておきましょう!

 

 

セディナカードJiyu!da!カードの発行はこちら

 

nanaco最大のメリット!税金・年金保険料をnanacoで払ってポイントを貯めよう

 

これからが本題です。

 

 

現在多くの公共料金や電話代、プロバイダー代などがクレジットカード払いに対応しています。

 

 

ポイントを貯めるためにカード払いにされている方も多いでしょう。

 

 

もちろん私もしてます!

 

 

水道代は東京・横浜・神戸・札幌など主要都市の水道局はクレジットカード払いに対応しているものの、

 

それ以外は対応してない地域が多いです。

 

 

対応していない地域にお住まいの方は、残念ながらクレジットカードのポイントを貯められません。

 

 

また、自営業の方の所得税、普通徴収の住民税、国民健康保険や自動車税、

 

固定資産税など各種税金・保険料もクレジットカードでは払えません。

 

 

しかし、これらの各種税金保険料等を、とある抜け道を使ってクレジットカードポイントを貯める方法があるのです!

 

 

それがnanaco決済なのです。

 

 

税金保険料等を振込用紙を使ってコンビニ払いしている方も多いかと思うのですが、

 

実はセブンイレブンではコンビニ用紙払いをnanacoで決済出来てしまいます。

 

 

・・・と、言うことは?

 

 

セディナカードJiyu!da!でnanacoチャージをして、そのnanacoでセブンイレブンから税金保険料等を振込用紙で支払うと、

 

税金保険料の支払いでわくわくポイントを貯めることが出来るのです!

 

 

セディナカードJiyu!da!を使ってセブンイレブンで決済をすると、ポイントが通常の3倍(還元率1.5%)貯まるので、

 

普段からセブンイレブンをよく使う方は、是非作っておきたい一枚になります。

 

 

また、貯まったわくわくポイントは再びnanacoに還元して、次の支払いに充てられるので無駄が一切ありません。

 

 

自営業・フリーターなどで国民年金に加入されている方は、

 

現在月々の支払いをクレジットカードで支払うことが出来ます。

 

 

しかし、学生納付特例制度やその他未納になっている国民年金を後から追納する時は、

 

振込用紙でコンビニから支払いになります。

 

 

かく言う私も、学生納付特例制度を使って国民年金の支払いを猶予してもらっていたのですが、

 

その追納はnanacoを使ってセブンイレブンから振込みをして、わくわくポイントを稼いでいました。

 

 

水道代や所得税・住民税・国民健康保険などを口座引落にされている方は、

 

今すぐ連絡を取って振込用紙払いに代えてもらいましょう!

 

 

住民税は普通徴収を選択すると、振込用紙払いが出来るようになります。

 

 

ただし会社勤めの方は、場合によっては強制特別徴収(給与から天引き)になっていることもあるので、

 

会社に確認してみましょう。

 

 

会社からOKが出たら、年末調整で終わらせず自分で確定申告をして、

 

申告書第二表の住民税・事業税に関する事項で「自分で納付」を選択すると、普通徴収が選択出来ます。

 

 

税金も保険料も年々上がっていくばかりで、庶民の生活は苦しくなっていくばかりです。

 

 

しかしちょっと工夫をすれば、税金保険料の支払いを通じてポイントを貯めることが出来るのです。

 

 

nanacoとセディナカードJiyu!da!で税金の支払いさえも、お得なものに変えてしまいましょう!

 

 

セディナカードJiyu!da!のより詳しいスペックは、こちらのページをご参照下さい。

 

 

セディナカードJiyu!da!のお申し込みは、モッピー公式サイトからどうぞ。
セディナカードJiyu!da!を作るには、ポイントサイト『モッピー』経由がおススメ!


モッピーに新規登録(1分で完了)。


モッピーにログイン後、サイト内検索で『セディナカード』と検索。


セディナカードJiyu!da!を見つけて、サイト経由でカード発行すると特別ポイントプレゼント!


貯めたポイントはnanaco・WAON・Tポイント楽天ポイント・LINEポイントなどに交換できます。


モッピーの登録は、下記バナーをクリックしてモッピー公式サイトからどうぞ。